おもちゃ図書館って何?

「おもちゃ図書館」は「障害のある子ども達におもちゃの素晴らしさと遊びの楽しさを」との願いから始まったボランティア活動です。
おもちゃ図書館が始まった当時は、障害のある子どもとその兄弟のための活動でしたが、現在は障害のあるないに関わらず、共に遊び、交流し育つ場となっています。 そして、一人ひとりの違いを認め合い、共に生きる地域づくりをめざしています。
子ども達は遊びの中で育ちます。おもちゃは「遊び」を豊かにする道具です。しかし、子ども達の中には、なかなか上手に遊ぶことができない子や、またおもちゃにも興味を示さない子ども達がいます。
そうした子ども達に沢山のおもちゃを用意して、気に入ったおもちゃを選んで、遊ぶ場・機会を提供し、家でも楽しく遊べるよう貸出しをするのが「おもちゃ図書館」です。

 

おもちゃ図書館っていつから始まったの?

世界で最初のおもちゃ図書館は、1935年の不況時代にアメリカのロサンゼルスでオープンしました。

家が貧しい為におもちゃを買ってもらえない子ども達が、10セントストアの店のまわりをぶらついたり、おもちゃを盗んだりすることを知った学校長が、社会資源として、トイ・ローンシステムを作り、おもちゃの貸し出しを始めたのが世界で最初のおもちゃ図書館です。

障害児のためのおもちゃ図書館は、1963年スウェーデンで、障害のある子どもの母親二人がおもちゃを交換したことから始まり、その後イギリスで大きく発展しました。

日本では、1975年頃から、おもちゃによる治療教育を目的として、レコテクが試みられていましたが、国際障害者年(1981年)を契機に、ボランティアの運営するおもちゃ図書館第1号が、東京都三鷹市で誕生しました。その後、おもちゃ図書館は全国的に展開されるようになりました。

 

おもちゃ図書館はいつ開館してるの?

おもちゃ図書館にはいろいろなタイプがありますが、主として市などの公共施設を利用して開かれています。

開館日は各おもちゃ図書館によって異なり、月1回~2回開館しているところが多いですが、常設館もあります。

くにたちおもちゃ図書館|あすかは毎月第2・第4土曜日にくにたち福祉会館3Fで開かれています。

 

おもちゃ図書館のスタッフはどんな人?

おもちゃ図書館は、その地域のボランティアの人達によって運営されています。設置は社会福祉協議会・行政・保育所・学校・施設・障害児の親をはじめとした、ボランティアグループなど様々です。

最近では、子育て支援の中のひとつの活動としてのおもちゃ図書館も生まれてきています。

くにたちおもちゃ図書館|あすかのスタッフ紹介はこちら

 

誰でも遊びに行けますか?

対象はおもちゃ図書館によって、障がい児優先、未就園児のみなど様々ですが、基本的にはどなたでも利用できます。

保護者や保護者に代わる大人と来てください。(お子さんを預かるところではありません)

公開日:
最終更新日:2017.05.29